NBA Rakuten

日本人選手を観るならどのプラン?NBA Rakutenを徹底検証

NBA Rakuten 日本人NBA選手 アイキャッチNBA Rakuten
スポンサーリンク

世界最高峰のバスケットボールリーグNBAにおいて、今シーズンも八村塁選手や渡邊雄太選手といった日本人選手たちが素晴らしい活躍を続けています。

そんな日本人選手が出場するNBAの試合は、動画配信サービス「NBA Rakuten」から視聴可能です。

日本人選手の試合が観たいんだけど、どの視聴プランに入ればいいの…?

日本人選手の出場試合は、視聴プランによって配信される数が全然違うよ

ということで今回の記事では、NBA視聴歴20年以上の筆者が「NBA Rakutenで日本人選手を視聴するのにオススメのプラン」をまとめました。

八村塁選手・渡邊雄太選手の出場試合が各視聴プランではどれくらい配信されていたのか、シーズンごとに詳しく解説しています。

この記事でわかること
  • NBA Rakutenって?
  • どんな視聴プランがある?
  • 視聴プランの値段や特徴は?
  • 日本人選手は何試合出場
  • 各視聴プランでの配信数は?
  • 日本人選手観るならどのプラン?
  • 割引・キャンペーンはある?

この記事では上記のような押さえておくべきポイントについてしっかりと理解できるようになっています。

NBA Rakutenをよく知らないという方でもゼロからわかるように解説していますので、視聴プランを選ぶ際の参考にしてみて下さい。

バスケットLIVE キャンペーン情報

 

Yahoo!プレミアム会員 バスケットLIVE

画像引用元:https://premium.yahoo.co.jp/

Bリーグや日本代表戦などの国内バスケットボールを見放題のバスケットLIVEが、Yahoo!プレミアム会員なら追加料金無しで利用できます!

 

いまならYahoo!プレミアムサービスが最大6ヶ月間無料ですので、この機会に是非バスケットLIVEをお試し下さい!

 

\ 最大6ヶ月間無料!/

スポンサーリンク

NBA Rakutenについて

そもそもNBA Rakutenとは一体どんなものなのでしょうか。

ここではサービスの概要や、NBA Rakutenの視聴プランについて紹介します。

NBA Rakutenとは

NBA Rakuten トップ画像
画像引用元:https://nba.rakuten.co.jp/

NBA Rakutenとは、楽天グループ株式会社が運営するNBAの動画配信サービスです。

日本国内で唯一、NBAレギュラーシーズン・プレーオフ・NBAファイナル・オールスターなどNBAの全試合をLIVE配信しています

楽天グループ株式会社はNBAと放映・配信に関するパートナーシップを締結しているため、現在日本国内でNBAの試合が視聴できるのはNBA Rakutenだけ

日本人選手の試合を観たい方は、このNBA Rakutenに申し込んでおきましょう。

\ NBAの全試合を配信中!/

主な6つのサービス

NBA Rakutenではどんなことができるのでしょうか。

主な6つのサービスからその中身について見ていきましょう。


1. 全試合をLIVE・見逃し配信

NBA Rakuten 八村塁
画像引用元:https://nba.rakuten.co.jp/

NBA Rakutenではシーズンの全試合が配信されます。

レギュラーシーズンやプレーオフはもちろん、ドラフト、サマーリーグ、オールスターゲームなども配信中です。

2019-20シーズン以降なら、過去に配信された試合も全試合視聴可能!

八村塁選手のNBAデビュー戦など、NBAファン必見の名試合を是非一度ご覧下さい。

ちなみにそれぞれの試合は、LIVE配信見逃し配信の両方で視聴できます。

自分の好きなタイミングで、いつでも手軽にNBAを楽しみましょう。



2. TVやタブレットからも視聴可能

NBA Rakuten 対応デバイス
画像引用元:https://nba.rakuten.co.jp/

スマートフォンやタブレットはもちろん、テレビやゲーム機からも試合を視聴することができます。

NBA Rakutenの対応デバイスは以下の通り。(ここで紹介する情報は記事作成時点のものです。)

  • iOS 12.0以上
  • Android 6.0以上 (GooglePlay対応端末)
  • Windows8.1/10
  • Mac10.11~
  • Chromecast
  • Fire TV
  • PlayStation®4
  • Android TV
  • Apple TV (4K・第4世代) (tvOS 11.0〜)
  • VIERA(2017年以降のモデル)
  • HDMI接続


現在NBAのテレビ放送は行われていませんが、上記のデバイスを使うことでNBAの試合をテレビで視聴することも可能です

対応デバイスや視聴方法については、NBA Rakuten公式サイトから最新の情報を確認できます。

\ 最新の情報はこちら!/



3. 便利なダウンロード機能

NBA Rakuten ダウンロード機能
画像引用元:https://nba.rakuten.co.jp/

NBA Rakutenでは試合のダウンロードが可能です。

自宅のWi-Fiなどで予めダウンロードしておけば、外でも通信制限を気にすることなく視聴することができます。

もちろん試合だけでなく、ハイライト映像など動画コンテンツのダウンロードも可能

便利なダウンロード機能を使って、いつでもどこでも気軽にNBAをお楽しみ下さい。



4. 観戦中のライブチャット機能

NBA Rakuten ライブチャット
画像引用元:https://nba.rakuten.co.jp/

NBA Rakutenには、試合を観ながら他のユーザーとライブチャットできる機能が搭載されています。

ファン同士がリアルタイムで交流できるライブチャット機能を使えば、NBAの試合がいつも以上に楽しめるはず!

ライブチャット機能ではアイコンとニックネームが設定可能です。

NBA Rakutenのプロフィールページから、予めお好きなアイコンとニックネームを設定しておきましょう。



5. 注目試合は日本語解説付き

NBA Rakuten 日本語解説
画像引用元:https://nba.rakuten.co.jp/

注目試合は日本語実況・解説付きで配信されます。

NBA Rakutenの日本語解説はバスケ解説でお馴染みの有名解説者たちが務めますので、NBA初心者の方も安心してご覧下さい。

ちなみに試合は日本語・英語の切り替え以外にも、英語配信のホームとアウェーを切り替えることも可能です。(一部試合を除く)

応援しているチームがあるようなコアなNBAファンの方は、地元放送局の試合映像で贔屓チームを応援してみましょう!



6. 試合以外の動画コンテンツも充実

NBA Rakuten クラシックゲームズ
画像引用元:https://nba.rakuten.co.jp/

NBA Rakutenでは、試合以外にも様々な動画コンテンツが配信されています。

主な動画コンテンツは以下の通り。

  • 特集
  • ハイライト
  • 日本人選手
  • クラシック
  • ドキュメンタリー
  • 番組
  • セレクション
  • NBA TV


ハイライトにもロングとショートの2種類があり、ロングハイライトは1試合を10分に凝縮して視聴できる人気コンテンツです。

派手なハイライトシーンだけでなく得点シーンや終盤の競り合いまでしっかり観られるようになっていますので、時間がない中で試合の流れをサクッと把握したいときにオススメ。

選べる2つの視聴プラン

NBA Rakutenには主に2つの視聴プランがあり、そのプランによって視聴できるコンテンツや利用料金が異なります。

各プランの概要は以下の通り。

LEAGUE PASSBASIC PASS
料金月額2,640円
シーズン19,800円9,900円
月額990円
視聴できる試合全試合配信NBA Rakutenが選択した7試合/週
LIVE配信△(カンファレンスファイナル・
ファイナルは見逃し配信のみ)
見逃し配信
同時視聴端末数2台1台
ダウンロード
ライブチャット
ショートハイライト
ロングハイライト×
NBA TV×
NBA Rakuten 視聴プラン比較

NBA Rakutenでは自分に合った視聴プランを選ぶことが非常に重要です。

それぞれの特徴についてざっくりと見ておきましょう。


1. LEAGUE PASS

  • 料金:月額2,640円 / シーズン19,800円9,900円
  • 試合:全試合配信
  • 特徴:NBA Rakutenの全コンテンツが利用できる最強プラン


LEAGUE PASSなら、シーズン開幕からファイナルまでの全試合をLIVE配信で視聴できます

他にもロングハイライトやNBA TVなど、NBA Rakutenで配信される全てのコンテンツを利用可能です。

視聴する試合を自分で選びたい方やNBAファイナルをLIVE配信で観たい方など、NBAをガッツリ楽しみたい場合にはLEAGUE PASSを選んでおけば間違いありません。

こんな人にオススメ!
  • 1日に2試合以上視聴したい
  • 自分で選んだ試合を視聴したい
  • 複数の端末で視聴することがある
  • ロングハイライトを視聴したい
  • 全ての動画コンテンツを視聴したい
  • NBAファイナルはLIVEで観たい
  • チケット先行販売に興味がある

そんなLEAGUE PASSの支払い方法は、月額プランシーズンプランの2種類。

1シーズンが通常の9ヶ月で終了した場合、シーズンプランの方が月額プランよりもおよそ4000円ほどお得に利用できます。

さらにシーズンプランは、不測の事態によるリーグの中断や延期などにも対応。

もし新型コロナウイルスの影響などでシーズンが1年以上に渡った場合でも、シーズンプランなら追加料金なしで利用し続けること可能です。

またLEAGUE PASSを契約中の方は、NBA JAPAN GAMESチケット最速先行発売に参加できるなどの限定特典も満載。

LEAGUE PASS限定特典やプランの詳細に関しては、NBA Rakuten公式サイトから最新の情報をご確認下さい。

\ LEAGUE PASSの詳細はこちら!/

2. BASIC PASS

  • 料金:月額990円
  • 試合:週7試合ほど(NBA Rakutenが選択した試合)
  • 特徴:NBA初心者の方にオススメのお手軽プラン


一方のBASIC PASSは、月額990円からNBAを手軽に楽しめるリーズナブルなプラン。

NBA Rakutenが選んだ試合を週に7試合ほど視聴することができます。

観る試合を自分で選べないのは少しネックですが、逆に言うと「どの試合を観ればいいのか分からない」というNBA初心者の方にはオススメのプランです。

また普段から見逃し配信視聴が中心の方であれば、カンファレンスファイナル・NBAファイナルが見逃し配信のみという点も問題ありません。

先程の比較表でも紹介した通り、ダウンロード機能ライブチャットといった基本的なサービスはBASIC PASSでも利用することができます。

こんな人にオススメ!
  • まずはNBA Rakutenを試したい
  • なるべく料金の安いプランがいい
  • 1日1試合を観られれば十分満足
  • オススメの試合を選んで欲しい
  • 同時に1つの端末でしか視聴しない
  • ハイライトはショート版で十分
  • NBAファイナルは見逃し配信でOK

NBA Rakutenを始めるかどうか迷っているという方は、まず試しにBASIC PASSで実際の使用感や視聴環境などを確かめてみましょう。

BASIC PASSの配信スケジュールやプラン詳細などは、NBA Rakutenの公式サイトから最新の情報をご確認下さい。

\ BASIC PASSの詳細はこちら!/
スポンサーリンク

日本人選手の配信数を検証

ではここから日本人選手の出場試合が各視聴プランでどれくらい配信されていたのかを検証していきます。

2019-20シーズン以降の配信状況を、シーズンごとに見てみましょう。

2019-20シーズン

まずは2019-20シーズンの配信状況から。

この年の日本人選手出場数と、各視聴プランでの配信数は以下の通りです。

出場試合数LEAGUE PASSBASIC PASS
八村塁48試合48試合47試合
渡邊雄太18試合18試合8試合
2019-20シーズン 日本人選手配信状況

前述の通りLEAGUE PASSではシーズンの全試合が配信されますので、当然日本人選手が出場した試合も全て視聴可能となっています。

問題はBASIC PASSでの配信数。

この年は八村選手が日本人初のドラフト1巡目指名を受けたシーズンということもあり、BASIC PASSでは八村選手の所属するワシントンウィザーズの試合が非常に多く配信されました。

そのため八村選手が出場した試合も、48試合のうち47試合が視聴可能です。

実際八村選手目当てにBASIC PASSを始めた方が多かったようなので、この配信状況も当然の配慮と言えるかもしれません。

もうひとりの日本人選手の渡邊選手ですが、BASIC PASSでは出場した18試合のうち8試合が視聴可能でした。

BASIC PASSでメンフィスグリズリーズの試合が配信されることは比較的多かったものの、2way契約下にあった渡邊選手はこのとき試合のベンチ入りすら不明確な状況。

2way契約とは、ざっくり言うと「NBAとGリーグの中間」のようなイメージ。

渡邊選手がメンフィスグリズリーズと結んだ当時の2way契約は、シーズンで最大45日までNBAチームに帯同でき、それ以外は下部組織のGリーグで過ごすという契約内容でした。

NBA Rakuten側からしても渡邊選手が出場するかどうかの予測は非常に難しく、結果的にBASIC PASSでは出場18試合中8試合のみが視聴可能というシーズンになっています。

ただその代わり、渡邊選手が出場するGリーグの試合がBASIC PASSでも一部視聴可能でした。

このように2019-20シーズンは、BASIC PASSでも日本人選手の出場試合がなるべく多く観られるようにかなり配慮されていたんです。

\ 2019-20シーズンの試合も配信中!/

2020-21シーズン

続いて2020-21シーズンの配信状況について。

各視聴プランでの配信数は以下の通りです。(プレシーズン・プレーオフを含む)

出場試合数LEAGUE PASSBASIC PASS
八村塁65試合65試合22試合
渡邊雄太54試合54試合14試合
2020-21シーズン 日本人選手配信状況

2020-21シーズン、八村選手は65試合、渡邊選手に54試合に出場。

もちろんLEAGUE PASSでは、日本人選手が出場した全試合が視聴可能です。

一方のBASIC PASSは、このシーズンから配信される試合の傾向が大きく変わりました

2019-20シーズンにはワシントンウィザーズの試合を81試合配信していましたが、この2020-21シーズンは37試合のみの配信に。

その結果、八村選手の出場試合は22試合のみの配信にとどまっています。

ワシントンウィザーズの37試合配信というは全30チーム中トップの数字ではあるものの、とりあえずBASIC PASSに入っていれば八村選手の試合がほぼ全て見られるという状況でなくなったのは間違いありません。

一方の渡邊選手はこのシーズン54試合に出場し、BASIC PASSではそのうち14試合が配信されています

新型コロナウイルス対策の一環で2way契約選手の出場制限が緩和されたこともあり、昨シーズンに比べて渡邊選手の出場機会自体がかなり増加。

渡邊選手がシーズン途中に念願のNBA本契約を勝ち取ったことで、所属するトロントラプターズの試合がBASIC PASSで配信されることも多くなっていたような印象です。

とはいえ2020-21シーズンにおいて、日本人選手出場試合がBASIC PASSで配信されたのは全体の約3割ほど

BASIC PASSに入っておけば日本人選手の試合をほとんど観られる、というNBA初心者に配慮した時代が終わったと言えます。

日本人選手の試合をなるべく多く観たいという場合には、「LEAGUE PASSに入っておくべき」となった転換期のシーズンです。

\ 2020-21シーズンの試合も配信中!/

2021-22シーズン

次は2021-22シーズンの配信状況を見ていきましょう。

各視聴プランの配信数は以下の通りです。(プレシーズン・プレーオフを含む)

出場試合数LEAGUE PASSBASIC PASS
八村塁42試合42試合17試合
渡邊雄太43試合43試合17試合
2021-22シーズン 日本人選手配信状況

両選手とも開幕から欠場が続いた2021-22シーズン、八村選手は42試合、渡邊選手は43試合に出場しました。

その全試合がLEAGUE PASSで配信されたことは言うまでもありません。

ただその一方、日本人選手の欠場が続いたことで、BASIC PASSでは昨シーズンよりもさらに日本人選手出場試合の配信が少なくなっています

八村選手出場試合はBASIC PASSで17試合のみ視聴可能でした。

ちなみに八村選手の所属するワシントンウィザーズは、全82試合中30試合がBASIC PASSで配信。

これはゴールデンステートウォーリアーズに次ぎ全30チーム中第2位の配信数で、ついにBASIC PASS配信数トップチームの座を明け渡すことになっています。

またBASIC PASSでは、渡邊選手の出場試合も17試合のみ視聴可能でした。

シーズン途中からチームのローテーションを外れてしまったことで、渡邊選手の出場機会自体がかなり減ったというのもこの配信数にとどまった大きな要因です。

2021-22シーズンのNBA Rakutenにおいても、日本人選手出場試合がBASIC PASSで配信されたのは全体の約4割ほどという結果に。

やはり大きな転換期となった2020-21シーズン以降、日本人選手の出場試合をなるべく多く観たい場合には「LEAGUE PASSに入っておくべき」と言えるでしょう。

\ 2021-22シーズンの試合も配信中!/

日本人選手の試合を観るなら

今回の検証結果をまとめて見ておきましょう。

NBA Rakutenの各視聴プランにおける、日本人選手出場試合の配信状況は以下の通り。

日本人選手出場試合の配信状況
  • LEAGUE PASS:全試合視聴可能
  • BASIC PASS:3〜4割ほど視聴可能

ここまで見てきた検証結果からも分かる通り、日本人選手出場試合の配信数は視聴プランによって大きく異なります。

特に2020-21シーズン以降、BASIC PASSの配信傾向は大きく変化してきました。

また今後もBASIC PASSの配信内容はシーズンごとに変化していくことが予想されるため、来シーズン以降に日本人選手の出場試合がどれくらい配信されるのかも不透明です。

なので日本人選手の出場試合をなるべく多く観たいという方は、BASIC PASSよりもLEAGUE PASSに入っておくことを強くオススメします。

結論:日本人選手を観るなら
  • なるべく多く観たい → LEAGUE PASS
  • 一部の試合だけでOK → BASIC PASS

この結論はあくまで過去のシーズンをもとに筆者が独自に検証したものではありますが、NBA Rakutenを始める際の参考になれば幸いです。

ちなみに、各視聴プランへのお申込みはNBA Rakuten公式サイトから3分ほどで完了します。

期間限定のお得なキャンペーンなどもありますので、是非この機会にNBA Rakutenに申し込んでみましょう!

\ お得なキャンペーンもCheck!/
スポンサーリンク

NBAの試合を観るには...

NBA Rakuten トップ画像

画像引用元:https://nba.rakuten.co.jp/

 

日本国内でNBAの試合が観られるのはNBA Rakutenだけ

NBA Rakutenでは、シーズン開幕からNBAファイナルまで全試合を独占配信中です!

NBA Rakuten おすすめポイント!
  • 月額990円から始められる!
  • TV・タブレットでも視聴可能!
  • 注⽬試合は日本語解説付き
  • ライブチャットで盛り上がる!
  • 動画コンテンツなども充実!
  • 試合結果非表示でネタバレ防止


この他にもNBA JAPAN GAMESのチケット最速先行発売など、NBAファンにはたまらない限定特典が盛り沢山です!

期間限定のお得なキャンペーンや視聴プランなどの最新情報は、下のNBA Rakuten公式サイトからご確認下さい。

\ 最新の情報はこちら!/

 

スポンサーリンク

まとめ

今回はNBA Rakutenにおける、視聴プラン別の日本人選手出場試合数を検証しました。

自分に合った視聴プランでNBAを楽しみましょう。

タイトルとURLをコピーしました