ベースフード

糖質やカロリーは?ベースブレッドの全種類を部門別ランキングで比較

ベースブレッド全種類 おすすめランキング アイキャッチ ベースフード

当サイトはプロモーションが含まれています。

スポンサーリンク

今ではコンビニなどでもよく見かけるようになったBASE FOOD(ベースフード)の商品。

特にベースブレッドは、各種ショッピングサイトでランキング1位を取るほどの人気です。

ベースブレッドはどの種類を買えばいいの…?

糖質カロリーを比較してみるのもおすすめだよ!

ということで今回の記事では、ダイアモンド会員になるほどBASE FOODを愛用している筆者が「ベースブレッド全種類の部門別ランキング」をまとめました。

カロリーや糖質など6つの部門から、ベースブレッド全種類を詳しく比較してみましょう。

この記事でわかること
  • そもそもベースブレッドって?
  • 初回20%OFFで買えるの?
  • 最もカロリーが低いのは?
  • 最もたんぱく質が多いのは?
  • 最も脂質が少ないのは?
  • 最も糖質が少ないのは?
  • 最も食物繊維が多いのは?
  • 最も塩分が少ないのは?
  • どこで買うのが一番お得?

この記事では上記のような押さえておくべきポイントについてしっかりと理解できるようになっています。

BASE FOODをよく知らないという方でもゼロからわかるように解説していますので、これから購入する際の参考にしてみて下さい。1

BASE FOOD キャンペーン情報

 

BASE FOOD 送料無料キャンペーン

画像引用元:https://basefood.co.jp

現在BASE FOOD公式サイトでは、送料無料キャンペーンを実施中です!!

 

通常500円かかる継続コースの送料が今だけ期間限定で無料になっていますので、この機会にBASE FOODの継続コースをお得に始めてみましょう!

 

\ 送料無料キャンペーン開催中!/

スポンサーリンク

BASE FOODについて

そもそもベースブレッドとは一体どんな商品なのでしょうか。

ここでは商品の概要や、初回20%OFFで購入する方法について見ておきましょう。

人気の「ベースブレッド」とは

ベースブレッド ミニ食パン
画像引用元:https://shop.basefood.co.jp/

ベースブレッドは、1食に必要な栄養素が全て摂れる完全栄養のパンです。2

26種のビタミン&ミネラル、たんぱく質、食物繊維などをまとめて摂れるということで、食事管理やトレーニングに励んでいる方から絶大な支持を得ています。

現在は8種類のベースブレッドが発売中。

  • ミニ食パン プレーン
  • ミニ食パン レーズン
  • プレーン
  • チョコレート
  • メープル
  • シナモン
  • カレー
  • リッチ

BASE FOOD公式サイトではベースブレッドの他にも、ベースクッキーベースパスタなど様々な商品を購入可能です。

美味しくて栄養価の高い食事をお探しの方は、是非一度BASE FOOD公式サイトを覗いてみて下さい。

こんな人にオススメ!
  • 完全栄養食に興味がある
  • 忙しくて自炊する時間がない
  • 無理なく食事管理を始めたい
  • 評判の良い商品を探している
  • 健康的な食事を手軽に食べたい
  • トレーニングに励んでいる
  • 食事管理中もパンを食べたい
\ 送料無料キャンペーン開催中!/

初めての方は20%OFFで買える!

ベースフード 公式サイト 商品ページ
画像引用元:https://shop.basefood.co.jp/

ベースブレッドを買うなら、BASE FOOD公式サイトの継続コースがお得です。

継続コースとは、BASE FOODの商品がまとめて届くサービスのことで、初めての方は通常価格の20%OFFで購入することができます。

こちら「継続コース」という名前ですが、最低購入回数など解約条件の縛りはありません

次回配送予定日の5日前までに手続きをすれば、1回だけの購入でも解約することができます。

\ 送料無料キャンペーン開催中!/


別の記事では「スタートセットの内容をアレンジする裏ワザ」「継続コース初回20%OFFを最大限活かす方法」について解説しました。

お得にベースブレッドを購入したいという方は、是非↓の記事も合わせてご覧下さい。

スポンサーリンク

ベースブレッド 部門別ランキング

ではここからベースブレッド全種類を部門別ランキングで比較していきます。

今回の記事では「カロリーの低さ」「たんぱく質の多さ」「脂質の少なさ」「糖質の少なさ」「食物繊維の多さ」「塩分の少なさ」という6部門のランキングにまとめました。

カロリーの低さ ランキング

まず最初は、カロリーについて見ていきましょう。

ベースブレッド全種類の「カロリーの低さ」ランキングは以下の通り。(カロリーが同数の場合には、糖質が低い方を上位にしています。)

エネルギーたんぱく質脂質糖質食物繊維食塩相当量
1位 プレーン205kcal13.5g5.4g20.7g3.2g0.7g
2位 リッチ216kcal13.5g7.2g21.8g3.4g0.5g
3位 ミニ食パン
  プレーン
233kcal13.5g7.2g22.2g3.2g1.0g
4位 カレー253kcal13.5g10.2g24.7g3.6g1.21g
5位 シナモン262kcal13.5g8.5g26.1g3.3g0.7g
6位 メープル264kcal13.5g8.2g27.1g3.3g0.7g
7位 チョコレート264kcal13.5g9.3g29.1g4.2g0.3g
8位 ミニ食パン
  レーズン
281kcal13.5g7.4g38.1g3.8g1.1g
ベースブレッド カロリーの低さランキング

ベースブレッド全種類の中で最もカロリーが低いのは「プレーン」です。

最もカロリーが高い「ミニ食パン レーズン」と比べると、カロリーは約3/4ほどに抑えられています。

「プレーン」や「ミニ食パン プレーン」のカロリーが低いのは何となく予想通りですが、第4位に「カレー」がランクインしているというのは意外な結果かもしれません。

ベースブレッドは一般的な食パンやロールパンに比べて十分低カロリーな商品ですが、さらにカロリーを抑えておきたいという場合には「プレーン」「ミニ食パン プレーン」「カレー」あたりを選んでみて下さい。

\ 送料無料キャンペーン開催中!/

たんぱく質の多さ ランキング

続いては、たんぱく質について見ていきましょう。

ベースブレッド全種類の「たんぱく質の多さ」ランキングはこちら。

たんぱく質エネルギー脂質糖質食物繊維食塩相当量
1位 ミニ食パン
  プレーン
13.5g233kcal7.2g22.2g3.2g1.0g
1位 ミニ食パン
  レーズン
13.5g281kcal7.4g38.1g3.8g1.1g
1位 プレーン13.5g205kcal5.4g20.7g3.2g0.7g
1位 チョコレート13.5g264kcal9.3g29.1g4.2g0.3g
1位 メープル13.5g264kcal8.2g27.1g3.3g0.7g
1位 シナモン13.5g262kcal8.5g26.1g3.3g0.7g
1位 カレー13.5g253kcal10.2g24.7g3.6g1.21g
1位 リッチ13.5g216kcal7.2g21.8g3.4g0.5g
ベースブレッド たんぱく質の多さランキング

ご覧の通り、ベースブレッドは全種類共通して1袋あたり13.5gのたんぱく質が含まれています。

そのためたんぱく質に関しては、どの種類を選んでも同じ量を摂ることができるんです。

1食2袋あたりで見ると27gものたんぱく質が含まれた食事になりますので、トレーニングに励んでいる方にもおすすめ。

コンビニのサラダチキンに飽きてしまったときは、是非ベースブレッド各種類をローテーションで食べてみて下さい。

\ 送料無料キャンペーン開催中!/

脂質の少なさ ランキング

次は脂質について。

ベースブレッド全種類の「脂質の少なさ」ランキングは以下の通りです。(脂質が同数の場合には、糖質が低い方を上位にしています。)

脂質エネルギーたんぱく質糖質食物繊維食塩相当量
1位 プレーン5.4g205kcal13.5g20.7g3.2g0.7g
2位 リッチ7.2g216kcal13.5g21.8g3.4g0.5g
3位 ミニ食パン
  プレーン
7.2g233kcal13.5g22.2g3.2g1.0g
4位 ミニ食パン
  レーズン
7.4g281kcal13.5g38.1g3.8g1.1g
5位 メープル8.2g264kcal13.5g27.1g3.3g0.7g
6位 シナモン8.5g262kcal13.5g26.1g3.3g0.7g
7位 チョコレート9.3g264kcal13.5g29.1g4.2g0.3g
8位 カレー10.2g253kcal13.5g24.7g3.6g1.21g
ベースブレッド 脂質の少なさランキング

ベースブレッド全種類の中で最も脂質が少ないのは「プレーン」でした。

最も脂質の多い「カレー」と比べると、その量は約半分ほどにまで抑えられています。

ただ脂質の少ない「プレーン」や「ミニ食パン プレーン」でも、バターやマーガリンを塗って食べる場合にはその量に注意しておかなければいけません。

脂質の量も抑えつつ美味しく食べたいという方は、脂質の少ないジャムなどと合わせて食べるのがおすすめです。

\ 送料無料キャンペーン開催中!/

糖質の少なさ ランキング

気になる糖質についても見ておきましょう。

ベースブレッド全種類の「糖質の少なさ」ランキングは以下の通り。

糖質エネルギーたんぱく質脂質食物繊維食塩相当量
1位 プレーン20.7g205kcal13.5g5.4g3.2g0.7g
2位 リッチ21.8g216kcal13.5g7.2g3.4g0.5g
3位 ミニ食パン
  プレーン
22.2g233kcal13.5g7.2g3.2g1.0g
4位 カレー24.7g253kcal13.5g10.2g3.6g1.21g
5位 シナモン26.1g262kcal13.5g8.5g3.3g0.7g
6位 メープル27.1g264kcal13.5g8.2g3.3g0.7g
7位 チョコレート29.1g264kcal13.5g9.3g4.2g0.3g
8位 ミニ食パン
  レーズン
38.1g281kcal13.5g7.4g3.8g1.1g
ベースブレッド 糖質の少なさランキング

カロリーや脂質のランキングと同じく、ベースブレッド全種類の中で最も糖質が少ないのは「プレーン」でした。

逆に最も糖質が多いのは、新発売の「ミニ食 パンレーズン」という結果になっています。

ただベースブレッドの中で糖質が多いとは言っても、一般的な食パンやロールパンに比べるとその量は約30%ほど少なくなっているのでご安心下さい。

基本的にどの種類も糖質控えめのパンではありますが、なるべく糖質を抑えたいという場合には「プレーン」「ミニ食パン プレーン」「カレー」あたりを選んでおきましょう。

\ 送料無料キャンペーン開催中!/

食物繊維の多さ ランキング

食物繊維が豊富に含まれているというのもベースブレッドの魅力。

ベースブレッド全種類の「食物繊維の多さ」ランキングは以下の通りです。(食物繊維が同数の場合には、糖質が低い方を上位にしています。)

食物繊維エネルギーたんぱく質脂質糖質食塩相当量
1位 チョコレート4.2g264kcal13.5g9.3g29.1g0.3g
2位 ミニ食パン
  レーズン
3.8g281kcal13.5g7.4g38.1g1.1g
3位 カレー3.6g253kcal13.5g10.2g24.7g1.21g
4位 リッチ3.4g216kcal13.5g7.2g21.8g0.5g
5位 シナモン3.3g262kcal13.5g8.5g26.1g0.7g
6位 メープル3.3g264kcal13.5g8.2g27.1g0.7g
7位 プレーン3.2g205kcal13.5g5.4g20.7g0.7g
8位 ミニ食パン
  プレーン
3.2g233kcal13.5g7.2g22.2g1.0g
ベースブレッド 食物繊維の多さランキング

ベースブレッド全種類の中で最も食物繊維が多いのは「チョコレート」で、1食2袋あたりで見るとその量は8.4gにもなります。

美味しいパンを食べているだけなのに、キャベツ1/2玉と同じくらいの食物繊維が摂れるというのは嬉しいポイントです。

これまでランキング上位を独占していた「プレーン」や「ミニ食パン プレーン」ですが、食物繊維に関しては比較的少なめという結果になりました。

日々の食事で食物繊維が不足していると感じる方は、「チョコレート」「ミニ食パン レーズン」あたりを選んでみて下さい。

\ 送料無料キャンペーン開催中!/

塩分の少なさ ランキング

最後は塩分の量について。

ベースブレッド全種類の「塩分の少なさ」ランキングは以下の通りです。(食塩相当量が同数の場合には、糖質が低い方を上位にしています。)

食塩相当量エネルギーたんぱく質脂質糖質食物繊維
1位 チョコレート0.3g264kcal13.5g9.3g29.1g4.2g
2位 リッチ0.5g216kcal13.5g7.2g21.8g3.4g
2位 プレーン0.7g205kcal13.5g5.4g20.7g3.2g
3位 シナモン0.7g262kcal13.5g8.5g26.1g3.3g
4位 メープル0.7g264kcal13.5g8.2g27.1g3.3g
5位 ミニ食パン
  プレーン
1.0g233kcal13.5g7.2g22.2g3.2g
6位 ミニ食パン
  レーズン
1.1g281kcal13.5g7.4g38.1g3.8g
7位 カレー1.21g253kcal13.5g10.2g24.7g3.6g
ベースブレッド 塩分の少なさランキング

ベースブレッド全種類の中で最も塩分が少ないのは「チョコレート」です。

最も塩分が多い「カレー」と比べると、その量は約1/4ほどに抑えられています。

ただ1日の食塩摂取量は男性7.5グラム未満・女性6.5グラム未満が目安なので、基本的にはどの種類を食べても多く摂りすぎてしまうといった心配はありません。3

それでもなるべく塩分の量を抑えたいという場合には、「チョコレート」「プレーン」「シナモン」「メープル」あたりを選んでみて下さい。

\ 送料無料キャンペーン開催中!/

ベースブレッド 全種類比較まとめ

今回紹介したベースブレッドの全種類を一覧にまとめてみました。

一番上の項目名をタップすると、昇順・降順に並び替えが可能です

種類カロリーたんぱく質脂質糖質食物繊維食塩相当量
ミニ食パン プレーン233kcal13.5g7.2g22.2g3.2g1.0g
ミニ食パン レーズン281kcal13.5g7.4g38.1g3.8g1.1g
プレーン205kcal13.5g5.4g20.7g3.2g0.7g
チョコレート264kcal13.5g9.3g29.1g4.2g0.3g
メープル264kcal13.5g8.2g27.1g3.3g0.7g
シナモン262kcal13.5g8.5g26.1g3.3g0.7g
カレー253kcal13.5g10.2g24.7g3.6g1.21g
リッチ216kcal13.5g7.2g21.8g3.4g0.5g

BASE FOOD公式サイトの継続コースは自由にセット内容を変更できますので、自分の好みやライフスタイルに合ったベースブレッドを色々と試してみましょう。

実際にベースブレッド全種類を食べ比べた感想が知りたいという方は、是非↓の記事もチェックしてみて下さい。

スポンサーリンク

ベースブレッドを買うなら公式サイトが一番安い!

ベースブレッドはBASE FOOD公式サイト以外に、ショッピングサイトやコンビニなどでも販売されています。

各種ショッピングサイトで売れ筋ランキング1位を獲得するほどの人気ですが、実はBASE FOOD公式サイトが断然安く買えるということはあまり知られていません。

BASE FOOD 継続コース
画像引用元:https://shop.basefood.co.jp/

さらにBASE FOOD公式サイトでは、送料無料キャンペーンなどお得なイベントも定期的に開催中です。

ベースブレッドをなるべく安く買いたいという方は、BASE FOOD公式サイトから購入しておいて下さい。

\ 送料無料キャンペーン開催中!/
スポンサーリンク

まとめ

今回はベースブレッド全種類を部門別ランキングで紹介しました。

継続コースの初回20%OFFなども活用して、ベースブレッドをお得に注文しましょう。

  1. この記事で紹介する情報は全て記事作成時点のものです。最新の情報は各社公式サイトなどからご確認下さい。
  2. 1食(2袋)で、栄養素等表示基準値に基づき、過剰摂取が懸念される脂質・飽和脂肪酸・炭水化物・ナトリウム・熱量を除いて、すべての栄養素で1日分の基準値の1/3以上を含む。
  3. 厚生労働省「日本人の食事摂取基準2020年版」に基づく